May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

和紙のアクセサリーARATAさん、新店舗に行ってきました◎

コラボアクセサリーでお世話になっている
和紙のアクセサリーARATAさん。

つくるビルから、
四条大宮近くナカミチアトリエに移転されたので
お祝いも兼ねて新年のご挨拶に行ってきました◎



新しい看板は、同じくARATAさんとコラボされている
ユリコフさんのイラスト入り。通り沿いからも目立ちます◎

扉を開けて、階段を上り2階へ。
目の前に見える部屋が、ARATAさんです。


店内は広々としていて、落ち着いた空間になっています。
とっても素敵!




こちらは、2015年 S/Sの新作!
うっかり全体図しか撮っていなかったので(汗
気になる方は是非shopへ○
シンプルで品があるデザインが素敵でした。



もちろん、私のコラボアクセサリーも♪
大きな和紙を染めて、そこから切り取って作られているので
アクセサリーひとつひとつ表情が違います。

他にも様々なデザインのアクセサリーがずらりと並んでいて、
ゆっくりと見る事が出来ますよ○


ARATAさんの 和紙の質感・色の美しさは、
私のつたない写真ではお伝えしきれないのが残念。。。
是非 実際に手に取って、見て頂けたらと思います。

電車やバスでとても行き易い場所にありますので
足を運んでみて下さい♪


-----

ARATA×AYANO ICHIYANAGI





< 取り扱いshop > 
ARATA     kyoto
ARATA onlineshop
ETOWA ソラマチ店   Tokyo
スノドカフェ七間町店  Shizuoka


 

くらすこと てをうごかすこと


いつかの、秋口の夕暮れ

ご縁で決まった小さな個展「日々をまとう」

個展はいつもかなり時間をかけるので、急ピッチで動いた今回。
どうかしら?と少し不安でしたが、
沢山の方にご覧頂けて とても嬉しかったです。
場所が変わると、色んな気づきや出会いがあるもので。
また少し視界が広がったように思います。

ありがとうございました。


とはいえ、先月から詰め込み過ぎてしまい
そういう時は精神的に不安定になってしまうので
気をつけないといけないなぁ。


そんなことを思った
展示明けの今日は、

午前中はゆっくり家事。
午後からオーダーを3つ仕上げ。
夕ご飯をつくり、食べ、

いま、
ぽちぽちとブログを書いております。

だらだらしても良かったのですが、
それが出来ないのは、
やっぱり手を動かすのが好きなんだと思います。

あれこれと思考を邪魔されず、
(いつも邪魔してるのは自分自身なんだけど)
のびのびと仕事ができるのはとても楽しい。


さて、夜ももうすこし
手を動かそう。
何をしようかな。

くらしの中の静かなわくわく。
いつも感じられるようにしたいな。
 

272項のスケッチ

京都に来てから、
できる限り毎日
スケッチやドローイングをするようにしています。


ずっと普通のクロッキー帳に描いていたのですが、
最近は小道具屋さんで手に入れた、束見本に描いていました。


昨年冬から描き始めて、
先日、
ついに描き終えました。




全272項。…裏表描いているわけではないので、実際は半分くらいなんですが。


形が本になっているからなのか、
なんとなく前後が繋がって、物語を感じる一冊になりました。


さて、つぎは
どんな物語が綴れるかしら?










 

6年


今日で、
会えなくなって
ちょうど6年。

まだまだ、
鮮明に覚えている
別れの瞬間。

私はあなたの手を
とても強く握った。
とてもとても。

離したくなくて。

「いたいよ」
と、言うように
あなたは手を離して、
そして いってしまったのだった。


もっと優しく握ってあげたら良かったなぁ
なんて、ビールを飲みながら 今思う。


今夜はしっとり雨の夜。

その日はよく晴れていて、
ながい夜が明けて、
あかいあかい朝焼けがとても美しかったな。


相変わらずで、いるかしら?

こちらは元気にやっておりますよ。







 

特別なものを、日々に。

結婚式の二次会で、
filithemateriraさんに作ってもらったヘッドアクセサリー



ひとつひとつのお花は布で丁寧に手作りされています。
繊細でとてもきれい。
生地は私が描き染めたものを使って頂いています。

とてもとても気に入っているのですが、
普段使いは難しいな と思っていたのです。
でもせっかく作って貰ったのに、
つける機会がないのはさみしいなぁ
と考えていたところ、


filithemateriraさんの心遣いで
普段使いできるように と、
小さく分けてヘアピンとブローチにしてくださいました!





特別な日の為に作ってもらったもの。

これからの日々でちゃんと使ってあげれるの
とっても嬉しいなぁと思います。

filithemateriraさん、ありがとう。
大事に使いますね。




そんな素敵な作家さん 
filithemateriraさん、
そして ピアノの福井悠平君と、
三人で 12月に展示が決まりました。

季節の植物のアクセサリーに寄り添うように、
絵と音楽があるような そんな展示にしようと考えています。

良い展示になりそうです。

ご期待ください。

 

奈良へ。

めずらしく
夫婦でお休みが重なったので
すこしお出かけ。

二年ぶりに奈良へ。
法隆寺に行ってきました。





秋晴れを通り越して、
夏のような日差しの中
拝観。

二人とも修学旅行ぶり。
そして修学旅行生もたくさんいた。

大人になると、視点も変わるもので。
仏像や壁画はもちろん、建物のつくり、配置、
そしてそこにある意味 などなど。
ありとあらゆるものが気になり
じっくりたっぷり二時間も法隆寺におりました。

中でも 百済観音像 に魅了されてしまいました。
とにかく美しい!きれいだった〜。
なんだろか、あの存在感。
素材や造りの美しさだけじゃないと思うんだな。
時間だろうか。想いだろうか。
むむむ。


先日始めた、ご朱印帳に
ご朱印もいただきました。
お坊さんが
「和をも持って、貴しとなし」
と書いてくださったのだけど、
それが何か思いだせず、ちょっと恥ずかしかった…
十七条の憲法


他にも知識があいまいな部分がものすごく多かったので、
気になった部分をちゃんと復習しないと〜


気になったといえば、
旦那さまは鬼瓦が気になったらしく、
(法隆寺内の建物の鬼瓦、多種多様ですごく面白かった)
執拗に鬼瓦を撮影。



その姿が面白くて撮影(笑

…鬼瓦の意味も調べたら面白そう。



帰り道、
池のほとりの小さな神社にも立ち寄り ほっこり。

お寺は力強いけど、神社はなんかちょっと優しい。





神社仏閣周りが共通の趣味になりそうな予感がした、
今回の日帰り旅でした◎

 

OSAKA culture web magazine VOICEに、掲載して頂きました◎

OSAKA culture web magazine VOICEで、
ファッション界の注目の新星を紹介するコーナー「NextWave」に
なんと 私の特集をして頂きました!!



じゃーん!

ありがとうございます!!!

絵描きなのに、
ファッションの目線から取り上げて頂けて
恐縮&光栄です◎

よろしければ
是非ご覧くださいませ。



ちなみに特集ページにに載っているアイテムは、
オーダー可能です◎

気になるものが有りましたら、
一度お問い合わせください。

17年



実家にいる
17歳の猫、じっぽ。

もうすぐで18歳になるところだった。

今朝、眠るように息を引き取ったよ と母から連絡がありました。

3月3日、
「じっぽが動かなくなって、ゴハンも食べない。
長くないかもしれない。」と
連絡があり、すぐに静岡まで会いに行った。

こたつの中で
ずーっとずーっと寝ていた。
私もじっぽのちかくに、ずーっと居た。

そうしたら少し元気になって、
ゴハンもちょっとだけだけど食べれるようになって 
ひなたぼっこもするようになった。


あれから25日間、
がんばったね。

会いに行く時間をくれてありがとう。


17年前、
私が15歳のころ
新聞の「もらってください」の記事をみて
もらいにいった じっぽ。

とってもやんちゃで強かったじっぽは、
野良猫も逃げるくらいで
毎日縄張りの偵察にいっていた。

毛繕いが上手で
いつもツヤツヤの毛並みだった。

無口で「にゃ」としか言わなかった。

外から帰ってくる時は
窓を足でノックするし、

舌べらをよくしまい忘れてた。


おじいちゃんになったら、
「にゃーにゃー」と甘えるようになった。



いつも家族の側に居て、
助けてくれた。


強くて優しい じっぽ。


ありがとう。


ゆっくりおやすみね。











 

自分の見え方

先日、
アーシャを新しくしました。

ちゃんと撮ってもらったのは
二年ぶりくらい。

今まで割ときりっとした写真ばかりを選んでいて、
今回もそんな感じの写真を選ぼうと思っていたのだけど

パートナーから
「こっちのほうが絶対良い」と言われ
選んだのが今回のこの写真。



実は私自身は
この写真があんまりしっくりきていなかった。

でも周りからはとっても好評頂いている。

とある友達に、
「今までの写真は 写真と本人のイメージが全然違った。
 今回の写真はイメージと合ってる。」
と言われ

あぁ

今までの写真は
”私が見られたいイメージ”であって
”私自身のイメージ”ではなかったんだ

と気づく。

ちょっと背伸びしてたんだなぁ。

でもそれ
あんまり良くないね。
自分を隠してたんだね。


自分を自分らしく、素直に見せた方が
色んな事が気持ち良く進む事に
ちょっと前から気づいてたのに。

まだちょっと怖かったのかも。


まずは一歩。
素顔の写真から。


そう気づいて、
このアーシャ
とても好きになってきました。




photo by : Makoto Asada

描いて 描いて。








3月から始まる個展(なんだかんだで個展は去年の7月ぶり)に向けて、
今日は色々と試作。

朝から晩まで、よく描きました。

まるまる一日、
描く事に時間を使えるのは幸せだわね。

細かな仕事が落ち着いて来て、
やっと本腰入れて準備できそうです。

よーし!


 
<<back|<123456>|next>>
pagetop