August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

1月も半分を過ぎてしまいましたが、
みなさま明けましておめでとうございます。

 
2014年は、愛媛で迎えました。

これは瀬戸大橋◎
 
はじめて行ったけど、とても気持ちのいい場所でした。
地元の静岡にも、ちょっと似ていて それがまた嬉しかった。


 
今年は
絵画と日常をつなげる作業により力をいれていきたい。
今のところは、布とアクセサリーと、音楽。
そのために、描く力、基礎力と技術力を上げていこうと思います。
(ここ2年くらい、ものづくりに力を入れすぎてしまったので)
 
あと3年くらいで、固めたいなぁ。

 
そして、
もっともっと自分や自分の大事な人、
そして一日一日を大切にして生きて行きたい。
 
なによりも、第一に。
 
日々も作品も、
ゆるやかにやさしく、芯を持って
いけたらいいなぁと思います。


 
小さい目標としては、
今年こそ日常でお着物を着れるようになりたい。
あとは、おうちのバルコニーを緑でいっぱいにしたい!
お仕事以外で遠出もできたらいいなぁ。。。


さぁ、どんな一年になるか。
楽しみです。


本年もどうぞ宜しくお願いします。




年明けに見た、南知多に沈む夕日。きれいでした。
 

よいお年を。



2013年もあとすこし。

今年もお世話になりました。
たくさん、たくさん、ありがとう。

明日から帰省。
すこし、ゆっくりと過ごしてきます。

みなさまも、どうかよいお年を。
来年も宜しくお願いします。



Ayano Ichiyanagi

 

気がつけば



2013年もあと10日ほど。

夕ご飯を作りながら
聞いていたラジオから
そんな言葉が耳に届いて
やっと気づく。



描いて描いて
作って作って…
そんな日々がずいぶん長い事続いて、
それ以外の大事なものがおざなりになりがちになって
でも今頑張らなきゃと ひたすら前を見ていたけど
気がついたら とっても息苦しくなっていた。

今年の前半は特に大変だった。

そうして
息継ぎが必要になって、

夏に引っ越しをして
アトリエと自宅を一緒にした。
それから少しずつ 
生活を整える作業をしている。

過ぎて行く他愛もない時間、日常を
大事にやさしく生きて行く。

そうしていたら
色んな事柄と
ちゃんと向き合って
優しくできるようになって来た。

揺らぎはまだまだあるけど
生きているから仕方ないのだ。

ゆっくり あるこう。

だって
半年前よりは明らかに、
やさしくて穏やかな
しあわせに包まれている。


作品も
ゆっくりまとめていこう。

来年の後半には
もう少し
クリアなところに行けるように。


残りの2013年は、
感謝の気持ちで。

やるべき事を納めていこう。

 

Film camera













絵も好きだけど、
見るのは写真の方が好きかもしれない。
特別、フィルムで映した世界が好き。

好きが高じて 一時期は一眼レフで撮っていたけど、
最近は使い捨てカメラで、ゆるーりと写真を撮っている。

デジカメは記録でしかないな と思う。

戻れないから、
その瞬間と丁寧に向き合える。

そうやって切り取った世界は
ちゃんと蓄積して、
私の絵にも日々にも 生きて行く。

全てに対して、
そういうのが好きだし、
そうやって生きて行きたいなと思う。





…昔の写真、
ちょっぴりこちらで見れます。





 

夕暮れの時間







歩いて10分

水辺が近いのは、
やっぱり嬉しい



夕暮れにも色んな表情がある

今日は一段とやわらかでやさしい



最近はすこしづつ
ゆったりとした時間を取り戻している感じ


さぁごはんを作って
お腹いっぱいになったら、
今夜は筆を持とう







世界が夕日で溶けそうだった

 


急な思いつきで、日本海へ行って来た。


釣りをしようと思っていたのだけど、
途中の川があまりにキレイで寄り道し
夕暮れ時に日本海へたどり着く。


ゆっくりと海の向こうに
沈んでいく太陽をずっと眺めていた。

雲に隠れたり、現れたりしながら、
その度に色を変えて 世界を染めていく。

あまりにもまぶしくて
世界が淡く混ざり合って溶けてしまいそうだった。


堤防には沢山の人が集まって
夕日を眺めていて。

初めてそこに立った私も
毎日その景色を見ている人も、
美しさに心を掴まれて。

それぞれの思いで。
それぞれの時間で。



過ごした時間が過去に代わっていく時、
その過ごした場所はとても重要だ。

その時
どこに居て、
どんな光で 色で
風で 気温で 湿度で…

そういうものが
記憶と繋がって
過ごした時間をやさしく守ってくれると
私は思っている。



この夕日の元で過ごした時間も、
きっと忘れない思い出になる様な気がした。


ARATA × Ayano Ichiyanagi

みなさん。
和紙で出来た軽くて丈夫な、
そしてモダンで美しいアクセサリー「ARATA」さんを、ご存知ですか??

上質な手透き和紙を何層も貼り重ね、
全行程手作業で生み出された世界でたったひとつの製品。



和紙の風合いもそのままに、
ピアスやネックレスなど様々なアクセサリーを展開されています◎


ネットでARATAさんの存在を知り、
以前から「素敵だな〜」と思っていたのですが


先日そのARATAさんから
「一柳さんの描き染めた和紙で、アクセサリーを…!!」
と突然のご連絡!

なんと!
コラボレーションのお話を頂いてしまいました!!

昨年のDucemixshopさんでの個展を偶然ご覧頂いたのがきっかけ。
(しかし私はお会いできておらず、来られたのも知らなかったのです。)

まだ京都に来て5年程度しか経っていないのに、
地元の職人さんにお声掛け頂けるなんて…
本当に本当に!嬉しくて、びっくり。

作品を発表し続けていて
本当に良かった!!




そんなわけで、
嬉しい気持をちめいっぱいに!
只今コラボレーション商品絶賛開発中です◎


こちらは試作品◎ ちらり。


ARATA × Ayano Ichiyanagi
2013年秋ごろ発表予定です◎

どんなアクセサリーをお見せできるか。
是非、楽しみにして頂ければと思います♪




ちなみに
ARATAさんの実店舗は
五条にある「つくるビル」内 2Fにございます。


ARATAさんshopの入り口◎


たくさんの和紙アクセサリーがずらり!


ARATAさんの素敵なアクセサリー、
是非一度手に取ってご覧下さい○

その美しさと軽さに驚きますよ〜!

20年ぶりの再会

 7/1

D&DEPARTMENT SHIZUOKA での展示の搬入で
静岡に帰っていたこの日、


なんと偶然このタイミングで

実家に小学生の恩師が訪ねて来られて、
私の小学生の時の作品を返しに来てくださいました。


こちらが帰って来た作品達↓
お花の作品は思い入れがあって、とてもよく覚えている。










先生は、4〜6年生の担任の先生で美術に力を入れていた方。
朗らかで、優しくて、しっかりして、いつも笑顔の先生で。
先生が図工の時間に私の作品を褒めてくださったのをよく覚えています。
とっても大好きな先生でした。

この小学校4〜6年生の間、先生の図工の時間で
のびのびと絵を描けた事が、今に繋がっていると思います。


実家に来て頂いた時はお会いできなかったけど、
母がD&DEPARTMENT SHIZUOKAでの展示のお知らせを
先生に渡してくれた。


「絶対に伺います!」
とおっしゃっていたそう。


20年ぶりに、先生に作品を見て頂けることになりそうです。

とても、とても嬉しい。

どんな風に、
観て、感じでもらえるだろうか?



最終日にお会いできたらいいな。









2013/7/3(wed)〜7/29(mon) 

「一柳綾乃展」


部屋を彩る一輪の花や、
優しく時間を包み込んでくれる音楽、
ゆっくりドリップして飲む珈琲…
日々へと繋がっていくものは
出来る事なら、
心地よく 優しく 豊かなものであってほしい。
絵画も同じように、
部屋のちょっとしたスペースに飾って
その人の暮らしの彩りとなっていったら
とても素敵なことだと思う。
D&DEPARTMENTの家具と一緒に
部屋に絵画を飾るところを想像しながら 作品をご覧頂ければ幸いです。


会場:D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKA by TAITA / ショップ 2F

〒422-8034   静岡県静岡市駿河区高松1-24-10

TEL:054-238-6678

OPEN:ショップ /12:00〜20:00
    ダイニング/12:00〜22:00 金・土〜23:00
CLOSE:火曜日


入場無料


※作品はお買い求め頂けます。


00:14

 

自分にとって
大事な事を
ずっと
考えている


今まで、
たくさんのことがあって
たくさんの嬉しいことがあって
たくさんの失敗があって
たくさんの出会いと別れがあって

これからは
もっともっとたくさんあって、

繰り返して
繰り返して


そうして
手元に残った
きらきらした粒子

それが自分にとって大事なものなのだ


もしかしたらそれは
元々持っていたのかもしれない

でも、
大事なものがが大事だと気づく事が
案外難しかったりする

そして
大事なものを大事にし続ける事は
もっと難しい



そのことに、
ようやく気づいて

手元に積もった
きらきらの粒子をみて

抱きしめて

すこしまた
世界が開けた感じがしている、
00:14




少し雨が降り始めたな

明日、晴れますように


5月9日


32歳になりました。

すっかり大人ですが、
今年もたくさんお祝いして頂けて
とっても嬉しい。

たくさん、
ありがとう。



私なりに 作り続ける事で
何かが巡っていくと良いなと思います。


これからも、
どうぞ宜しくお願いします。










たくさんのプレゼントもありがとう!!


<<back|<1234567>|next>>
pagetop